日本の国花である桜を彷彿させるピンク色の楽天カード、それが楽天PINKカードです。券面がピンクなので、三井住友のアミティエカードやJCBのLINDAカードのように女性をメインターゲットにしていますがもちろん男性でも取得することは出来ます。   通常の楽天カードと同じく年会費は永年無料ですし、ポイント還元率などの基本的なところは全て同じです。では違いは何なのかという疑問があるかと思いますので説明をしたいと思います。  

カスタマイズサービスという優待特典

通常の楽天カードに、追加でお金を支払うことで特典をつけられるのがPINKカードでの違いです。カスタマイズサービスは2016年の7月現在で3つ設定されています。もちろんこの3つのサービスを利用しなくてもいいので、そうなると通常の楽天カードと同じように使うことが出来ます。ピンクの券面が欲しい場合はそれでもいいですね。使い方によってはお得になりますので下記のサービスを見て、必要かどうかを計算してみて下さい。  

 

楽天グループ優待サービス

月額300円(税抜)で楽天グループのサービスをお得に利用することが出来ます。 楽天24:パンテーンの対象商品が100円オフ 楽天トラベル:国内宿泊予約で1,000円オフ 楽天ブックス:本/CD/DVD/ゲームが100円オフ kobo楽天:電子書籍5%オフ 楽天SHOW TIME:最新映画/アニメ20%オフ 楽天GORA:ゴルフ場予約で1,000円オフ 楽天BEAUTY:美容院のネット予約来店で200ポイント 楽天チケット:ポイントキャンペーン 楽天O-net:入会で2,000ポイント 楽天キレイドナビ:基礎体温アプリが最大3ヶ月無料

 

 初回限定や、カード入会から1ヵ月以内などの縛りがあるものもありますので注意して下さい。  

 

ライフスタイル応援サービス「RAKUTEN PINKY LIFE」

月額300円(税抜)で飲食店や映画、習い事や介護・育児サービスまで11,000以上(記事執筆時点)の多くのジャンルの割引・優待が利用できます。

 福利厚生サービスを展開するベネフィットワンが提供しています。  

 

楽天PINKサポート

楽天PINKカードを持っている人限定で、保険に加入することが出来ます。選択肢は4つで、全部でも必要なものだけ加入という事も出来ます。

 

 こういった保険はあくまでもクレジットカード会社が契約者の団体契約ですので、クレジットカードを解約した場合に保険だけ継続するということは出来ませんので注意して下さい。  

 

まとめ

楽天カードと楽天PINKカードの違いは、カスタマイズサービスがつけられるかどうかです。すべて費用が発生するものです。月額わずかな金額と思うかもしれませんが、チリも積もればです。 ライフスタイル応援サービスに関しては、他の媒体やメディアで同様の割引サービスなどがある場合も実はあります。300円(税抜)を払う価値があるのかはよくよく考えてみて下さいね。元を取ろうと考えて必要のないサービスにお金を支払ってしまっては本末転倒ですよ。  

>>更に詳しく見てみる

 

© 2016 楽天カードと楽天ピンクカードの違い rss